贈与税の申告・納付方法

近年は、相続税対策として生前贈与を行う人も少なくありません。もし、生前贈与をうけた場合は、贈与を受けた年の翌年の2月1日から3月15日までの間に贈与税の申告と納付を済まさなければなりません。相続開始を知った日からの翌日から10ヶ月間が納税期間となっている相続税と比べると、手続きを行える期間は1ヶ月半と非常に短いので、作業を行う時期には注意が必要です。
納税手続きは、税務署の窓口で行う方法と、郵送で行う方法、インターネットを利用する方法の3つがあります。窓口を利用する方法と郵送で行う方法については、書類の提出先は贈与を受けた人の住所地が管轄区域に含まれている税務署となっています。贈与を行った人の住所地を管轄する税務署ではないので、間違えないようにしましょう。提出書類は、申告書は必須となっており、特例を利用する場合にはその特例の適用を受けるために必要となる書類も提出しなければなりません。
申告を済ませた後は、その内容にしたがって納税をします。納税は相続税の場合と同様に金銭で一括納付するのが原則となっていますが、納期限までに税額分の金銭を用意するのが困難な場合は延納の申請を行えば、5年以内の年賦で税金を納めることができます。ただし、延納期間が3年を超える場合や、税額が50万円以上になる場合は、延納の申請の際に担保を提供する必要があります。

コメントは受け付けていません。