贈与税の基礎控除とは

贈与税とは、財産を贈与された場合に課せられる税金で、基礎控除は年間110万円です。つまり、1月1日から12月31日までの1年間に、贈与された合計額が110万円を超えると課税されることになります。110万円以内の贈与なら、課税されないため、申告の必要はありません。これは、現金だけでなく、有価証券や不動産などの種類に関わらず現金に換算した合計が110万円以下なら非課税です。
例えば、AさんからBさんに、1年のうちに50万円を3回あげた場合、合計150万円になり課税されるため、Bさんは申告して税金を支払わなければいけません。AさんからBさんに100万円、CさんからBさんに80万円あげた場合も、贈与額が合計で180万円で基礎控除額を超え、Bさんは税金を支払う必要があります。Aさんが、Bさんに100万円、Cさんに100万円あげた場合には、誰にも課税されません。
基礎控除を利用して、110万円以下を子どもに生前贈与していけば、非課税となりますが、毎年110万円の贈与を繰り返すと、税金逃れと見なされることもあります。これを避けるためには、贈与額を少し減らしたり、逆に少し増やして税金を納めるなどの方法をとるとよいでしょう。

コメントは受け付けていません。