税金対策のための生前贈与とは

あとに遺す財産がある場合、相続にかかる税金の負担は近年増す傾向にあります。そこで、相続税を節約したいと考える人が出てきます。いくつか方法があるなかで、比較的諸経費がかからない生前贈与は手軽に実行できる節税対策だといえます。贈与税の納付額が増えてきているので、この方法が広まってきていることが伺えます。
この方法が魅力的なのは、もらう人一人あたり一年間で110万円までは、基礎控除として贈与税がかからないことにあります。そのため、計画的に贈与を行っていくなどして事前に財産を減らしておけば、それにかかる相続税を節約できるのです。ケースにもよりますが、多少譲与税を払うことになってもトータルではかなりの節税になることが多いのです。また、教育資金や住宅購入資金として子や孫に贈与を行うことも、大きな効果が見込めます。
ただし、効率的に節税するためには事前に正確な知識を得てシミュレーションしておく必要があります。それを怠ると、思惑とは違った結果がもたらされることにもなりかねません。例えば毎年計画的に贈与したとして、前もってそのことを贈る側に伝えておくだけでは税務署から一括贈与と同じとみなされ、高い贈与税を払うはめになるかもしれません。一年ごとに贈った相手と契約を交わしておいたほうがよいのです。
詳しいことは税理士などの専門家に相談することが望ましいでしょう。

コメントは受け付けていません。