相続税の贈与税額控除とは

人が亡くなると、その人の財産について相続が発生します。つまり、相続は、人が亡くなった後に、被相続人の遺した財産を引き継ぐことです。それでは、被相続人から、生前にもらった財産、つまり、贈与を受けた財産については、税金を支払う必要はないのでしょうか。実は、年数によって変わってきます。すなわち、被相続人から、相続開始前の3年以内に贈与を受けた財産については、相続税の対象となるのです。
ちなみに、贈与を受けた財産は、贈与税の対象です。ということは、3年以内に生前贈与を受けた場合でも、しっかりと贈与税を支払った人もいるでしょう。贈与税を払った上に、相続税も支払わなければならないとすると、不公平ですし、理不尽です。
もちろん、このような二重課税を避けるための制度があります。それが、贈与税額控除です。つまり、相続を受けた人が、相続開始前に生前贈与を受けた際、きちんと贈与税を払っていたのであれば、その贈与税の金額分を相続税から差し引くことができるのです。
ややこしいのは、相続開始の年に、生前贈与を受けた場合でしょう。暦年課税の対象である贈与税は、その時点では、まだ申告していません。このため、贈与税ではなく相続税として申告することになるので、注意が必要です。

コメントは受け付けていません。