生前贈与を活用した節税方法

遺産相続は、相続人間内でトラブルになる事があります。
誰がいくらもらうのかや誰が何を受け取るのかなど、金額の問題や自分は何を相続したいなどで揉める事があるでしょう。
また、遺産相続には多額の税金を払う事にもなりますので、税金を払ったらお金が残らなかったケースや、逆に支払いでマイナスになってしまう場合もあります。
相続人間内でのトラブルを避ける為にも、節税効果を期待する為にも、生前贈与が良いのではないでしょうか。
贈与税には控除額がありますので、年間の贈与額が上回らない様にすれば大丈夫です。
ただし、税務署に怪しまれる事もありますので、工夫しながら贈与する事が必要になって来ます。
税務署に疑われない様にする為に、あえて控除額の上限を上回る金額を受け取る方法もあるでしょう。
上限を少しでも超えれば、税金を払う事になりますが、税務署の記録にも残ります。
怪しまれた場合は、課税対象になりますので、注意して下さい。
節税出来る方法になりますが、その分人件費などのコストがかかってしまいますので、それを頭に入れてから利用しましょう。
自分達に合う方法で、相続をして下さい。
遺産を残す方もなるべくトラブルにならない様に、遺言書などを作成したりする事が良いでしょう。

コメントは受け付けていません。